2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5部 25-28 ヒラム・ボカチカのオレにもおかわり! by25

マイ・ネーム・イズ ヒラム・ボカチカ……オナカスイタネー(以下球団通訳の訳)

よぉ野球好きのみんな元気かい? オレだ、おなじみヒラム・ボカチカだ。
オレのサヨナラホームランには痺れたろ? イシイさんのために打ててよかったぜ。

知ってのとおりオレはちょっと風邪を引いちまって二軍に落ちてたことがあった。
そのときシュウさんにここを紹介されてな。
そんな縁でオレの話でもちょいと聞いてくれよ。幸い二軍で暫く調整した後調子は最高。
一軍に戻ってからのオレの活躍はみんなのしっての通りよ。カタヒラさんやモリさんのお蔭だぜ。
まそんなわけで、ちょっと世話になってるコーチについて紹介しとこう。

なんてったってみんなが聞きたいのはご存知デーブ・オオクボさんの話だろうな。
ところでオレは最初デーブさんはナカムラの親父だと聞いていたんだが、担がれちまったらしい。
あんなにそっくりなのに、嘘だってのが嘘みてえだな。

まそれはさておき、シュウさんの口ぶりから察するにデーブさんのコーチ就任には
当初ファンのみんなは懐疑的だったってな。
あんなにフランクで謙虚で一生懸命なデーブさんが不満だなんてオレにゃ信じられねえ。
腑に落ちねえんでいろいろ聞いてまわったら、どうやら彼の解説者時代の言動にファン、
特にパシフィック・リーグのファンの顰蹙を買うようなものが多々あったらしいな。
彼がかつてテレビでしてきた発言の是非について今年日本に来たばかりのオレにはなんとも言えん。
現役時代の通算成績に不釣合いなデカいことを言ったり、
謙虚さやデリカシーにかけた発言、下品な発言、巨人を無条件に持ち上げる
(こういうのを日本語じゃ「子持ちシシャモ」だか「タイ子持ち」だかというらしいな)
そのあまりパ・リーグを貶めるような発言があったというのなら
それは確かにメディアにおける発言としては不用意だと思う。
まさか本人に直接聞くほどデリカシーがないわけもなし、
オレの知ってる日本語は「コンニチハ」「オナカスイタネ」程度のもんだから
細かいニュアンスはよくわからんが、
それに対して気分を害した方がいるならその人たちの気持ちは尊重する。
ただ忘れちゃイカンよ、彼の今の仕事はテレビでコメントすることじゃなく、
ライオンズの打撃コーチだってこと。
現場に戻ってきたことで彼が変わったのか、
メディアに現れていた部分が彼の一部分に過ぎなかったのか
彼との仕事は今年に入ってからのオレにはなんともいえねえ。

ただ、オレたちが試合で最高のパフォーマンスを魅せるための仕事……
スコアラーのデータをまとめたり早朝や試合後の練習に付き合ったり、
相手投手への対策を練ったりしている彼の姿はオレにはまっとうな打撃コーチにしか見えねえ。
調子の悪いミツイさんが打ち込まれたときは「みんなで助けよう」と打撃陣を鼓舞したり、
好投手相手の試合にサヨナラ勝ちをしたら選手たちと一緒にミートがグッバイするぐらい喜んだり、
チームのムード作りにも貢献している。
オレの知っている範囲じゃデーブさんは自分の職務を十分以上に果たしていると思うぜ。

もちろん、まだシーズンはまだ長い。
評価を下すには時期尚早とデーブさんのコーチ適正にいまだ懐疑的な人も多いようだ。
そういった人のなかにはそれまで否定的だったデーブさんへの評価を翻した人に対して
不快を示す人もいる。
意見は人それぞれだからオレがその感想にどうこう言う気はないが、
まあオレたちが打ちまくればデーブさんを評価する人も多くなるだろう。

無論シーズンを通じて好調を維持することが難しいのはオレだってよくわかってる。
聞いた話じゃライオンズは去年も序盤は好調だったらしいが
今頃の時期からすとーんと順位を落っことしたという。
ライバルたちも手ごわいし、各チームに若くてイキのいいピッチャーが揃ってるもんな。
イーグルスには……何といったっけ、マリーンズのマスコットと同じ愛称の彼だ。
監督のマンブーマンことノムラさんが孫みたいにかわいがりながら
長年のキャリアで培った卓抜した野球理論を伝えているというし、
ホセやヤマサキさんがしっかり援護している。
ファイターズのダルビッシュは援護が無くても負けない今の日本で屈指の好投手。
ボスのナベキュウさんじゃないけど、彼を打ち崩すのはうちのチームしかない!という気持ちで
向かっていくぜ。
マリーンズには唐揚げクン(……オナカスイタネー)ことカラカワ。この間は完璧に抑えられちまった。
18歳のボウズがあの落ち着きは信じられねえ。
これがブッキョウの国のメンタリティー、ゼンの精神ってやつか? ファンタスティック。
バファローズにもカネコとかコンドウとかいるしな。

ホークスのオオバとかオオトナリは……もうちょいコントロールを磨くべきだろうな。
うちのボスが言ってたとおり、若くてチキンでコントロールが悪いなら二軍で練習すべきだ。
たまたま近くにいた大沼に同意を求める)だろ?
もっとも二軍でいくら完璧に仕上げても一軍でその成果が出なけりゃ
一軍の選手としてはどうしようもないがな。
(大沼に同意を求める)だろ?
マツナガはじめうちのピッチャーにはオレがキャンプのときからビシッと言っておいたが、
オレたちバッターだってケガしたくはねえし痛いから頭にくるぜ。
ピッチャーの立場からしたら強打者を抑えるには内角を攻めなきゃならないのは当然だろうが、
ぶつけてしまっちゃイカンよ。
抑えるために内角に投げて出塁させってしまっては本末転倒だ。
勝負だからたまには仕方ないかも知れないが、あまり一試合でたくさん出るとねえ。
フォアボールもそうだがランナーが溜まってピンチになる。それがルールだ。
(大沼に同意を求める)だろ?
ピッチャーにはイシイさんやニシグチさんみたいな自分のペースを崩さない、
常時平静を保つ超越した宇宙人的規模のメンタルが必要なんだ。

イカンイカン、愚痴っぽくなっちまったな。
とにかくオレは強力なライバルたちとの対戦を楽しみにしているぜ。

今回はシュウさんが一軍昇格直後で忙しいようなんでオレがピンチヒッターだ。
近いうちシュウさんの許さんも読めると思うぜ。

まあとにかく頑張るからみんなこれからもオレの活躍を見ててくれよな。
野球好きのみんなに面白いゲームを見せてやれるようベストを尽くすぜ。じゃあな!
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

邱俊雄

Author:邱俊雄
2ch@プロ野球版のスレ「許銘傑のオレが豊田さん!第2部」に連載中の36氏のコラムを中心に集めています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。