2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5部 38-39 李炳圭の俺が豊田さん!18 by408

チュウニチドラゴンズノ イビョンギュデス テーハンミングッ マンセー
(以下、通訳さんの訳)

開幕当時は3番を打っていた俺ですが、最近は7番を打っています。
俺は打順にこだわりは無いので監督の指示に従うだけです。

このところ安打が一本も打てない日が続いて、俺は悔しい思いをしていたのですが
カープ戦の前にスタッフさんが用意してくれたビデオを観て、俺は愕然としました。
「今の俺は、外の球を無理に引っ張ろうとしているし、
 それどころか、コースに逆らった打撃をしようとしている!」
悪いところが分かれば、何も怖くありません。それを修正するのみです。

先日のことですが、KBOの関係者と会食させて頂く機会がありました。
そこで出た話というのが、俺を北京オリンピックの代表候補に選んだというのです。
思えば、今年の1月に代表候補に選ばれていないことを知らされた時は、
それはもう、ショックなんてものじゃなかった。
何しろ「李炳圭は、国家代表選手であるにもかかわらず、最善を尽くさなかった」という
身に覚えの無い非難がネット上を中心に殺到したんだから。

確かに俺は、応援してくれた方々の期待に応えることは出来ませんでした。
しかし、いくらなんでもこれはひどい誤解ですよ。
これは、言い訳がましく聞こえるかもしれませんが、
もしかすると、日本で1年間を過ごした疲れが溜まっていて、
動きにキレがなくなり、手を抜いているように見えたのかもしれません。

ですが、俺は代表チームに選ばれることの重みは十分に理解していますから、
どんな理由があろうとも、試合に出ている以上、手を抜くことなど考えられません。
これまで選ばれた大会でも、常に最善を尽くしてきました。

KBOの関係者はそのところを理解してくれていました。
「君が最善を尽くしていなかったというのは、我々の誤解だった」と。

とはいえ、まだ俺が選ばれると決まった訳ではありません。
実際に代表選手を選ぶのは、金卿文監督です。
代表選手として選ばれるまでは、ドラゴンズの一員としてペナントレースに
最善を尽くすのが俺の仕事です。

さぁ、今日からはスワローズが相手です。スワローズには林昌勇君がいます。
彼に負けないために、そして何よりもドラゴンズの勝利のために、
俺は今日も最善を尽くして頑張ります。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

邱俊雄

Author:邱俊雄
2ch@プロ野球版のスレ「許銘傑のオレが豊田さん!第2部」に連載中の36氏のコラムを中心に集めています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。