2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アレックス・カブレラのオレが豊田さん!6 by408

オリックス バファローズノ カブレラデス サインハ イチマイ ゴマンエン!
(以下、通訳さんの訳)

今週はいろいろと嬉しい知らせが入ってきています。
まずは、FAで西武から中日に移籍した和田さんの4年ぶりのサヨナラヒット。
最近、徐々に調子を上げてきていたようですが、もう完璧でしょう。
そして、ヤクルトに移籍した福地君の決勝ホームラン。(相手はJFKのウィリアムスです!)
それから、許銘傑の2年ぶりの先発登板での勝利。

今名前を挙げたのは、みんな同じ西武のユニフォームを着ていた仲間ですから、
彼らが活躍するとやはり嬉しいものですし、オレにとって刺激にもなります。

さて、順序が逆になってしまいましたが、今回最初に取り上げるのは、
何と言っても許銘傑の2年ぶりの先発での勝利です。
聞くところによると、序盤はヨレヨレの投球だったらしい。
それが、渡辺監督直々のアドバイスを機に、試合中盤から立ち直ったとか。
許銘傑の良かった頃を知っている人が見れば、
どこが悪いのかがすぐに分かるんですねぇ。これは凄い事ですよ。

正直に言うとね、オレは渡辺監督を1軍監督に起用した西武フロントを
「安直な発想しかできない」とこきおろしました。
何しろ、2軍監督だった頃は2軍の投手があまり育ってこなかったんだから、
そんな人に1軍の監督が務まるのか? とこういう訳です。
だけど、許銘傑の1件だけを取り上げてみても、
実は「投手コーチ」としての手腕は優れているのかもしれないねぇ。
(他には大沼なんてのもいますねぇ。現時点での最高傑作だと思うのですが。)

「監督」でありながら、「投手コーチ」としての手腕がある。
ここで思い出すのは、そう、あの東尾修さんです。
東尾さんと言えば、松坂大輔です。
東尾さんも松坂の良いところを知っているので、
調子を崩しても、悪いところの指摘がすぐに出来る。
だから、松坂は今でも東尾さんの言うことは聞くはずですよ。

それから、横浜の監督だった権藤さんだってそうですよねぇ。
あの人は「投手の使い方を間違わなければ、優勝できる」と常々言っていたらしく、
試合中は「いかに佐々木につなぐか」それだけを考えていたそうです。
(ただし、その一方で攻撃面は大雑把になってしまったそうです。)

この指導者との巡り会わせと言うのは、選手にとって非常に重要なんです。
和田さんやオレには、金森さんの指導がありました。
下半身を意識した打撃フォームについてはもちろんですが、それ以上に大切なこととして
「ただ無闇に振るのではなく、相手投手の配球を考えなさい」と言われたんです。
1年目のオレは、日本の投手がどんな攻め方をしてくるのかよく分からなかったから、
とにかく来た球を力いっぱい振ることだけを考えていました。
だけどそれではイカンのです。
どうしても打率が上がらないし、三振が増える。
それが少し配球を意識しただけで、ずいぶん違うんです。
「あ、次はカーブだな」とか「この打席でスライダーは無いな」とか。
そうすることで、打席で狙い球を絞ることがグッと楽になりましたよ。
だから、オレは2002年はあれだけの成績を残せたんです。

それにしても和田さんは幸せだよねぇ。
まず、プロ入りしてすぐの頃は伊東さんから「捕手とはなんたるか」を学び
(皆さんご存知だと思いますが、和田さんは外野も守れる捕手としてプロ入りしました。)
その後、伊原さんからは外野転向を指示された。(これが大成功でした!)
その次は、師と仰ぐ伊東監督の胴上げが出来た。
そして、今は子どものころから大好きだった中日ドラゴンズのユニフォームを着て
しかも、憧れだった落合監督の下で野球をしている。
本人にしか分からない苦労とかそういうのはあるだろうけど、
やっぱり、羨ましいよねぇ。
指導者には十分すぎるくらい恵まれてるんだから。

福地君だってそうです。
広島にいた頃は、「叩きつけてゴロを打て!」とやかましく言われ続けていた。
それが、西武に来て、同じ広島に在籍していた河田コーチから
「もっとしっかりスイングしなさい」と言われて、ようやくコツを掴んだのです。
福地君は「投手の足元を狙った」と言っていたらしいけど、
その足元を狙うためにも強く振り切ったから、ホームランが打てたんだとオレは思うよ。
これが、今までのようなゴロを打つスイングだったらどうなっていたか。
福地君の場合はね、首脳陣が固定観念に囚われすぎていた。
「足の速い選手は叩きつけてゴロを打て」というやつです。

楽天の野村監督はこう言っているでしょう。「固定観念は罪である」と。

オレも、同じ西武のユニフォームを着ていた選手たちとはいえ、
他の選手の活躍を黙ってみている訳にはいきません。
この流れに乗り遅れないように頑張ります。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

邱俊雄

Author:邱俊雄
2ch@プロ野球版のスレ「許銘傑のオレが豊田さん!第2部」に連載中の36氏のコラムを中心に集めています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。