2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5部 161-163 李炳圭の俺が豊田さん!19 by408

チュウニチドラゴンズノ イビョンギュデス テーハンミングッ マンセー
(以下、通訳さんの訳)

たまには、野球から離れてアジアの一国の国民として話をしようと思います。
中国の四川地震の被害の大きさには言葉もありません。一刻も早い復旧を願うばかりです。

しかし、その一方でオイオイそりゃないぜ、と思う話が出てきた。
なんでも「自衛隊が中国国内に入る事はまかりならん」と世論が盛り上がり、
日本の援助物資が中国に届くのが遅れたらしい。
なるほど、日帝時代のこともあるから、この中国人たちの気持ちは分からなくもない。
日本政府はアジア諸国に対して十分な謝罪と……違った、今日はその話ではなくて。

これね、問題は誰が言い出したかと言うことなんですよ。
有力視されているのはネット上での発言がきっかけらしいけれど、
これは問題ありだとオレは思う。
要するに、地震の被害を全く知らないのが言い出していることが十分に考えられる訳です。

地震の被害を受けていない人たちが日本の自衛隊を嫌うのは勝手だけれど、
今はそういうことを言っている時なんでしょうかねぇ。
地震の被害で困りきっている人たちがいる以上、
まずは、その人たちのことを考えるのが最優先でしょうが。

この話は俺たち韓国人にとっても他人事ではない。
例えば、済州島で起こった台風の被害に対する援助に対して、無傷のソウル在住の学生が
ネット上で「日帝の援助はけしからん」と言い出すようなものなんだから。

また、外国で何かあるとすぐに自衛隊を派遣したがる日本の政治家も
センスが無いなぁと思います。
これについて、日本の皆さんはどう思っているのか知りませんが、
韓国人の俺から見ると、まるで自衛隊を自慢したくてしかたない、
喩えるなら、新しい玩具を自慢したくてしかたない子どものように見えてしまう。

政治家の自慢のためだけに海外に派遣されたら、
自衛隊の隊員たちはたまったもんじゃないだろうねぇ。

以上、右肩痛でスタメンから外れていた時に考えていた取り止めも無いことです。

前口上が長くなってしまいましたが、今は交流戦の真っ最中です。
この2試合は、和田さんの古巣でもある西武ライオンズが相手でした。
何度も言うけど、和田さんは伊東さんを師と慕っていた。
その師である伊東さんがあんな形で放り出されたから、自分も西武から去る決意をしたんです。

さすがに和田さんも古巣が相手ということで、初戦は意識しすぎたらしい。
それでも2戦目はしっかり2安打1打点だもんねぇ。やっぱり違いますよ。
唐突ですが、俺はこの人が併殺打が多い理由がなんとなくわかった気がしました。
この人は、技術があるが故に空振りが出来ないんです。
6月1日の試合、9回の打席ではショートゴロ併殺打となりましたが、
投球は低めギリギリ見送ればボール、並みの打者なら空振りしてしまうような球でした。
ところが和田さんはミートが上手いから、そんなコースに来た球でも当ててしまう。

しかし、身体は崩されているから、芯で捉えた打球が飛ばせるはずは無く
力の無い内野ゴロに終わり、それが併殺打になってしまう訳です。

更なる進歩を遂げるには、和田さんは空振りを覚えることです。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

邱俊雄

Author:邱俊雄
2ch@プロ野球版のスレ「許銘傑のオレが豊田さん!第2部」に連載中の36氏のコラムを中心に集めています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。