FC2ブログ

2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5部 565-566 ニコースキーの俺がAP通信

ソフバンクホークス ノ  ニコースキ デース ユーチューブ ミテネッ
(以下門奈さんの訳)

今日はもうこまぎれこまぎれの話題の詰め合わせになりそうだ。
日本人MLB選手のラジオニュースを聴いていて、なんか違和感を持った。
「だれだれ選手は何日ぶりに全体練習に参加しました」
この人はリハビリが仕事か?という冗談はさておき、
これを私にあてはめてみたらよくわかる。

「次は日本で活躍するアメリカ人の情報です。SBのニコースキー投手は
25日ぶりにユーチューブに動画を投稿しました。
なお試合は3-0でSBが勝ち、ニコースキー投手は投げませんでした」

こんな報道されてたまるかってんだ。気持ち悪いにもほどがある。
日本人がMLBに初めて行ってもう何年にもなる。もうこういう報道は改めろ。
スポーツ報道のあり方じゃないと思うし、たいして楽しくもないじゃないか。
野球は試合を見てナンボだ。

いま日本で戦っている野球の五輪代表、彼らの勝敗は時の運、それはいい。
問題はいまの日本代表の担ぎあげ方、そして結果に対してメディアがどう対応するかだ。

たとえば勝ち進んだ場合を、この場合は考える必要はない、だいたい答えが見えている。
問題は負けたとき。
そもそも「監督」とはなんのために雇われているのか?
監督はそれこそ、解任されるために存在しているのだ。
出てきた悲惨な結果に対して選手が辞めるなんてことはできない。一気に生活苦だ。
だから監督が代わりに首を切られるのだ。そんなもんなんだよ。

しかし相変わらずWBC代表の監督第一候補だったりしてみたら、話はややこしくなる。
要するにスポンサー押しは健在、しかし大多数は、敗軍の将居座る、に違和感を感じる。
そのフラストレーションあるいは心無い見えない言葉の数々はどこへ行く。
多分、野球というジャンルそのものへ行く。

野球が下火、野球のレベルが低下、選手に華がない、
もう好き勝手に言いたい放題だよ。そういう事態になったら
私は本当に被害をこうむるのは代表メンバーでもスポンサーでもないと思っている。
こういうときに最もみじめな気分を強いられるのは、五輪期間も
変わらずペナントレースの観客席に足を運んでくれたお客さんだろう。

だからきっちりと自分の言葉で、負け惜しみや言い訳をしないで
戦ったことを総括してケジメをつけるのが、代表、あるいは代表監督の仕事になる。
「次につなげる」なんて絶対に禁句だ。次の五輪は無いんだから。
日本語に「アホウ ツギハナインジャ」とある。意味は知らないがドスのきいたいい言葉だ。

おそらく、スポンサーサイドは野球界に神を欲しがっている。
しかし神なんていなくていい。喝が2人いるんだから。

(追伸)ところで、前回ヒロシマがPO行ったらおもしろいのに、と書いた気がするんだが
面白い流れになってきたようで嬉しい。AP通信特派員としては肩入れは禁物なんだけども
とにかくいい混戦になってくれれば、リーグも盛り上がるだろう(了)
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

邱俊雄

Author:邱俊雄
2ch@プロ野球版のスレ「許銘傑のオレが豊田さん!第2部」に連載中の36氏のコラムを中心に集めています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。