FC2ブログ

2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5部 570-572 李炳圭の俺が豊田さん!22 by408

チュウニチドラゴンズノ イビョンギュデス イッショウケンメイ ガンバリマス
(以下、通訳さんの訳)

五輪が始まった今、俺もようやく1軍に昇格することが出来ました。
やはり、プロである以上1軍の試合に出場してナンボです。
これからチームのために最善を尽くして頑張ります。

俺の一軍復帰は広島市民球場で行われたカープ戦からでしたが、
その舞台である広島市民球場が今年で閉鎖されるという。
この球場は、戦争被害(特に広島は原爆を投下されているから尚更です。
米国政府は一刻も早く、被爆された方々に対して十分な謝罪と賠償をするべきでしょう。)からの
復興のシンボルとして1957年に完成しました。
それが、球場完成からほぼ50年経った今、設備の老朽化が目立つなどの理由で
新球場の建設が決まった訳です。
戦後復興のシンボルという歴史的に重みのある球場でホームランを打てたことは、
俺にとって大変に名誉なことだと感じています。

さて、今日は俺のことはどうでもいいんです。
開催に賛否両論ある北京五輪ですが、選手たちは舞台が何処であれ
目の前の試合に最善を尽くすことが本義です。
たとえ「政治とスポーツは無関係」という言葉がいくら机上の空論であったとしても
それを忘れていい、もっと言えば、闇に葬り去っても許されると言うことはないでしょう。
(ところで、北韓が入場行進を韓国代表と一緒にしなかったのは、予想通りでした。
 李明博政権は北に対して強硬的な態度で挑むそうですから、止むを得ないでしょう。
 実のところ、これこそスポーツと政治の混同で寂しい話なのですが。)

「北京で(中国政府が)平和の祭典であるオリンピックを開催するのはけしからん」
と言う人はオリンピックを観なければ良いし、
アスリートたちのトップレベルの競技対決を観たいと言う人は、堂々と観れば良い。
俺は声を大にして言いたい。北京五輪の開催はけしからんという人がいてもいい。
ただ、選手はコケにせんでくれと。
例えば金メダルを取った選手に「あんな大会で取った金メダルは何の価値も無い」
なんてことは言わんでほしい。
成績はともかく、競技で全力を尽くしてきた選手たちを笑顔で迎えて、
その後で、改めて中国政府に抗議の声を挙げて欲しい。
今のところそういう声が聞こえてこないのは救いですが、
オリンピックに出場している選手を非難することだけは止めて欲しい。
選手たちは場所が何処であろうと、選手たちの本義を尽くしているのだから。
逆に、個人的信条に則って出場しなかった選手がいるなら、その考えも尊重されるべきです。
かつて、米国の同時多発テロに関連して、メジャーリーグの試合で米国歌斉唱を拒否した
南米出身の選手がいましたが、こういうことも許されて当然なんです。
(逆にそれが許されないような社会は恐ろしい。)

さて、のっけから何やら堅苦しい話になってしまいましたが、
野球の代表チームが宿敵である日本に勝ちました。
しかし、この勝利もよくよく試合を振り返ってみると、
どこかすっきりしないところがある。
李大浩(イ・デホ)の特大のホームランと
金賢洙(キム・ヒョンス)が打ったタイムリーは素直に喜んで良い。
(しかし、金賢洙の打撃は俺も見習わんといかんねぇ。)
その後の2点は、日本の守備のミスによるタナボタの得点です。
相手のミスを誘い、チャンスを逃さなかったといえば聞こえは良い。
しかし、俺からすると日本代表がこのまま終わるとは思えんのです。
9回裏がその典型でね、韓基周(ハン・キジュ)を滅多打ちにしたでしょう。
あのまま韓基周を投げさせていたらどうなったか? 言うまでもない。
エラー絡みの2点という保険が無ければ、恐らく俺は今この原稿を書いていませんよ。

代表チームに選ばれなかった俺が言うのもなんだけど、
韓国の選手は、まだ浮かれるのは早過ぎる。
日本代表は星野仙一監督が選手を「俺を殺す気か!」と選手を一喝したと言う。
(選手は何も監督のためだけに野球をしているわけじゃないと思うんですけどねぇ。
 俺たちは国家代表として国家のために戦っているんであって、
 それは選手と監督で役割が違うだけだと思うんですが。
 このあたりは、李鍾範先輩に聞いてみたいと思います。)
日本の選手だって「監督を殺した」と言われちゃ洒落にならんから
決勝トーナメントでは目の色を変えてくると思うよ。
いくら予選で勝てたとはいえ、決勝で勝てなければ何の意味も無いのです。
(WBCでの、あの屈辱を思い出してみると良い。)

俺も代表チームの活躍を励みに、ドラゴンズの一員として最善を尽くします。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

邱俊雄

Author:邱俊雄
2ch@プロ野球版のスレ「許銘傑のオレが豊田さん!第2部」に連載中の36氏のコラムを中心に集めています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。