2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5部 686 ニコースキーの俺がAP通信

ソフtバンクホークス ノ  ニコースキ デース ユーチューブ ミテネッ
(以下門奈さんの訳)

前半は某大手新聞の1面のコラム風に始めてみよう。
そもそも片棒をかついだはずの人間が
弱い立場になった人間に追い打ちをかける。
責任ある立場だから、自分の立場を危うくしたがためにこういう恨みぶしが出る。
要するにJOCのことである。
野球機構が打診をしていない。ではどうやって監督が決まったのか。
発言から、逆に「代表監督選考の過程にNPBがタッチできていなかった」
ということが明らかになってしまったかもしれない。
ゲンダイネットに載っていたコミッショナー発言のことである。

今更なことだが、3位争いを含めたペナントレースが盛り上がって、
妙なムードをかき消してくれている。このことをよく思うか悪く思うかだが、
私は良いことだと思っている。NPBってやっぱり面白いんだ、ってことを
こうも早期に再確認させてくれている。代表監督云々の泥仕合がペナントのニュースより
多く話題を取ってしまったらそれこそ悲劇だ。いくら五輪での成績が悲劇的と言っても
それ以上に炎症を拡大させることは絶対によいことはない。そんな簡単に膿は出ないのだ。

さて、オリックスと広島の大躍進であるが、オリックスについては
04年の統合球団の主犯格のような扱いもされてずいぶん大変だったという話は聞いている。
ただし、選手たちはそんな大きな流れの片棒を
全部選手で担いだような目で見られるのは心外だったろうし
同時にここ数年の低迷も、いくら勝負の世界とはいえ辛いものがあったに違いない。
そこへきて、どうなるかはわからないが、春めいて来ている。
最初は185センチ105キロ、岸和田の家電の店から直送の着火材から始まった小さな火が、
きっちり火をくべて大きな火になるような流れは、悪いものではない。
むろん勝負の世界である以上、我々も簡単に進出を許してはならないのだが
もしCSに進出したとすれば、商売としてそれはまたとないチャンスなのだ。
きょうは個人的にもあまり中身がない気がするが、このへんで終わりとします(了)
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

邱俊雄

Author:邱俊雄
2ch@プロ野球版のスレ「許銘傑のオレが豊田さん!第2部」に連載中の36氏のコラムを中心に集めています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。