2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5部 768 菊地原毅のオレを許さん! by408

今日は実に情けない投球をしてしまいました。
金子千尋君があれだけ早くマウンドを降りるとは正直予想していなかったのですが、
これはただの言い訳に過ぎません。
金子君が降板した時点で、「もしかすると今日は出番が早くなるかもしれないな」と考えて、
いつどんな場面でも投げられるように準備をしなければいかんのです。
リリーフでメシを食っている以上、これは当然のことなのです。

オレはサウスポーですから左打者を抑えるのは当然の仕事ですが、
だからと言って、右打者には打たれても良いという理屈はありません。

スレッジを三振に討ち取ったのは、自分で言うのもなんだけど、良かった。
しかし、ボッツには内角を狙ったスライダーが甘く入ってしまいました。
詰まらせてゴロを打たせるつもりだったのですが、
甘く入ってしまったので、三遊間を割られてしまいました。

でもね、ここでその後の打者をキッチリ打ち取っておけば、何のことは無かった。
試合が振り出しに戻るだけで済むんだから。

我ながら、その後がなっとらんのですよ。
稲田君を三振に抑えたのはともかくとしても、
小谷野君にも、ボッツの時と同じようにインコースのスライダーを運ばれてしまった。
次の金子誠君に回してしまうと、この回を抑えたとしても、次の回は一番からの攻撃になってしまう。
そう考えると「何が何でも小谷野君を抑えなければならない」となってしまうのですが、
オレは何を焦っていたんでしょうか。
試合を左右する大事な打者だからこそ、慎重に投げなければイカンのです。

今日は不甲斐無い投球でしたが、明日以降の試合では、このようなことが無いように邁進します。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

邱俊雄

Author:邱俊雄
2ch@プロ野球版のスレ「許銘傑のオレが豊田さん!第2部」に連載中の36氏のコラムを中心に集めています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。