2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5部 790-793 許銘傑のオレが豊田さん!2-64 by36

セイプ ライオンツ ノ シュー ミンチェ テス ハァー
(以下邱さんの訳)

 一軍にも上がったことですし、先週はお休みをいただきました。
しばらく書かない間に、いろんなことがあったねえ。
先々週の話も交えながら書いていきます。最初はのどかな話からいきたい。
福岡ドームが9年ぶりに天井を開けたとか。まあ、いろいろ問題はあるんでしょうが、
たまには天井を開けたいよねえ。せっかく開閉式ドームなんだもの。
9年ぶりということは、いまのファンの子供たちは屋根の開いた福岡ドームを知らんということです。
まさに宝の持ち腐れ、子供たちのためにも時々は屋根を開けたらいいと思います。
騒音問題があるのなら、1年のうちに何回か日にちを決めたらいい。
それを売り物にすればお客も呼べるだろうし、場外ホームランへの夢も広がるじゃないの。
今回はチームの調子が悪いから開けたようですが、やっぱり野天でやる野球はいいもんです。

 しかし、ホークスはどうしてしまったのかね。優勝候補が、5位の座も危うくなってきている。
何というか、「スモールベースボール」とは別の意味で、野球が非常にちんまりとしてしまっています。
前回天井を開けた1999年は35年ぶりの日本一になっていますが、日本シリーズ第1戦のスタメンは
1(右)秋山、1(中)村松、3(指)大道、4(三)小久保、5(捕)城島、6(左)ニエベス、
7(一)松中、8(遊)井口、9(二)柳田、となっています。
秋山さんは別ですが、大道さんと柳田さんがやっと30歳になったばかり、
あとは全員20代という非常に若いスタメンです。
この後の黄金時代を予感させるじゃないの。
城島も松中さんも、このころにはもうすでにずいぶん雰囲気を感じさせる選手でした。
井口さんはそうでもありませんでしたが。
 いまのホークスの選手で、こういう雰囲気を感じさせる若手が少ないんですよ。
そりゃ、その後球界屈指の強打線を組むメンバーがいたわけですから、
そりゃあ雰囲気もあったのは当然ですが、
それだけにいまのホークスは寂しいですよ。
しかし、もしBクラスになればこの2年前、97年以来ということになるわけですか。
その前は20年も連続でBクラスだったのに、その後一度も落ちなかったというのもすごい。

 こうやってホークスが確実にひとつの時代を築いてきたわけですが、
王監督が辞意を表明されたそうですねえ。
もちろん、本当は日本一になって王さんを送り出したいところだったでしょうが、
これはこれでひとつのキッカケでしょう。
03年、「パはレベルが低い」という論調が野球評論家の中に蔓延している中、
阪神との日本シリーズで「パの意地を」「パの面目を」という言葉を何度も発し、
結果見事日本一に輝いた。
オレはこのことを一生忘れないでしょうねえ。あの時は涙が出たもの。
このときに勝っていなければ、翌年の球界再編騒動の時に
1リーグ化の流れが一気に加速した可能性もあります。
大げさでなく、パリーグがいまもこうしてあることに王さんの功績は大きい。
 王さんといえば世界の王、868本ですよ。
口先だけで「12球団力を合わせて」とか言う人はいくらもいますが、
強い巨人の象徴だった王さんが、自ら身を挺してパに飛び込み、弱小球団だったホークスを
腰を据えて強くして、人気球団に育てたのです。これが出来る人が他にいますか?
全パリーグ人は王さんに最敬礼しなければならない。
王さんが選手として空前絶後の存在であったことは誰もが知っていることですが、
パリーグにとっても空前絶後の存在なのです。

 そして、もちろんWBC監督として見事日本代表を優勝に導き、
日本野球の地位を大きく押し上げた功績を残しています。
結局王さんは、選手としても、ホークス監督としても、日本代表の監督としても、
余人ではなし得ない業績を挙げている。
金田・長嶋・張本・野村・福本といても、
世界にピッチャー鹿取の威名が轟くのはサダハル・オーしかいません。
間違いなく、日本プロ野球における最高のスターは、王貞治なのです。
寂しいねえ。本当に寂しいです。間違いなくこれでひとつの時代が終わることになる。
今後も日本野球界のためにお力を貸してほしいのですが、まずはゆっくりしてほしい。
鯉に指でも吸わせて。
 今後のホークスはあらゆる意味で「脱・王」が求められる。
次の監督が秋山さんなのか、それとも他の誰かなのかわかりませんが、
王さんの残された多大な功績を受け継いで、王さんの、
ホークスの名を汚さぬように頑張っていただければと思います。

 これも先々週の話ですが、監督の進退といえばもう一題、
横浜の大矢監督の続投が決まったのだとか。
すでにいろいろなところで書かれてますが、オレはこれはないと思うなあ。
監督は長く育てろ、がオレの持論ですが、それは初めての監督の場合か、監督が若い場合です。
前回の任期は短かったとはいえ、大矢さんは2回目の監督ですし、すでに齢60を超えている。
結果的に若干持ち直したとはいえ、100敗も有り得るぐらいのダントツ最下位でありながら、
来年もやるなんてことはありませんよ、普通は。
要請するほうも要請するほうだし、受けるほうも受けるほうです。

 「最下位なのに何もしなかった」という印象しか与えないこの人事は、
ファンに対してもよろしくないと思うよ。
もうイイカゲン、ファンの皆さんも呆れてるんじゃないですかねえ。

 来年、万一大矢さんでまた最下位だった場合、球団はファンに対してどう説明するつもりなのかね。
親会社は例のオールスターで学芸会を中継してオレをガッカリさせた〒BSですが、
TBSの考え方は相変わらずよくわからん。球団を腰を据えて経営する気があるのか、ないのか。
監督人事ひとつとってもそうでしょう。
大矢さん続投だからといって、球団が長期的な視点を持って、
本気で大矢さんに任せてるとは思えない、ここが問題なのです。
例の日産のオッサンも(すぐダジャレにしたがるのがオレの悪いクセですが)良くない話も聞くし、
まったくもって真剣に経営しているように見えない。
ここのフロントは、マジで一回全部ブッ壊して再構築しないと、どうにもなりませんよ。
選手の素材はいいのが揃ってるのに、
江本さん風に言えば「フロントがアホやから」可惜最下位に甘んじているんです。
ロッテだって5年山本功児さんがやったあとにボビーが来たらガラリと変わったでしょうが。
いっぺん、ファンの人をうならすようなことをやってみなさいよ。
前も言いましたが、なんとか陽子さんに監督を代えるべきだと思います。
ただければと思います。

 セリーグは、巨人がすごいねえ。2週間前もこれは首位まで行くんじゃないかと思ったけど、
本当に行ったもの。
優勝争いも苛烈ですが、3位争いもすごい。
中日に恨みはないけど、ここはひとつ広島に頑張ってほしいねえ。
市民球場最後の年だし、広島がAクラスに入ったら、
それそのものが巨人や阪神に対する強烈なアンチテーゼでしょう。
勝つための球団の経営努力として、弱点を補う補強をすることは間違っていません。
しかし、カネがなくて、選手がどんどんいなくなってもやりようによってはCSに出られるんだ、
というのを示すことには大きな意味がある。
カネがなければ勝てないんだ、では親会社の経営ゲームになってしまう。
日本人好みの柔能制剛、です。そういう意味では広島には非常に期待している。
オレが好きな「パリーグっぽさ」を持っているチームだから、是非勝ちあがってほしいですねえ。

 さあ、ライオンズが優勝に王手をかけてから2試合足踏みをしています。
岩隈クンに20勝を決められてしまいましたが、あれぞエースというピッチングでした。
故障から、あれだけ復活できるとはオレも思いませんでした。
人間はあきらめたらイカンということですよ。
逆に、絶対的な安定感を誇っていたグラマンがまさかこのタイミングで崩れるとは思いませんでした
オレは一軍に上がってきてからなかなか登板機会がありませんが、
ともかくも優勝が決まりそうな瞬間に一軍にいられそうなのはありがたい。
おとといも昨日もたくさんのお客さんに来ていただいたようですが、
ぜひ優勝の瞬間をたくさんの人に見てほしい。
相手がロッテというのが気になりますが
(今日だって、もとロッテのホセに寸止め魂が宿ったから打たれたんですよ)、
なあに、パリーグの優勝を控えたチームが最後の最後で
ロッテと当たらなければイカンのはわかっていたことです。
是非皆さん西武ドームにお越しください。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

邱俊雄

Author:邱俊雄
2ch@プロ野球版のスレ「許銘傑のオレが豊田さん!第2部」に連載中の36氏のコラムを中心に集めています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。