2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5部 855-857 MICHEAL中村のオレが豊田さん! by408

ファイターズノ MICHEALナカムラデス。ガンバリマス。
(以下、岩本さんの通訳)

10月1日の試合で現役を引退した清原さんですが、
9月21日の試合でオレがカットボールを投げたことに、エラく怒っていたらしいですねぇ。
これは、オレの考えを話さない訳にはいきません。

普段からオレの投球を観てくれている人は、
あの場面オレが何を考えて投げていたのかすぐに分かると思います。
そう、試合を最後の最後まで盛り上げて、お客さんを退屈させないことです。

この日の試合もそうですよ。
この回の先頭打者、代打の村松さんを抑えたとき、球場にいた誰もが
「ああ、これで今日の試合は終わりだなぁ」と思っていたと思うよ。
しかし、直後に北川さんのヒットが出て
5点差とはいえ「いや、簡単には終わらないな。」という空気になったはずです。
何しろ、バファローズはあれだけの打線なんですから。
そして、迎える打者は清原さん。
ホームランが出れば5点差が3点差に縮まりますし、
上位打線につながれば、大逆転だって有り得ます。
お客さんにそういう期待を持たせてこそ、プロ野球なのです。

さて、手始めに清原さんの打席を盛り上げるためにはどうするか?
まずは、カウントを2-3にすることです。
カウントを2―3にすることでこそ、緊張感も高まるのです。
2-3にして、何球かファールを打たせる。
もちろん普通のファールじゃ面白くないですから、
清原さん得意の右方向への打球を意識させるファールです。

だからまずは外へ大きく外して、2-1から2-2にする。
さあ、ここからが大事だぞと思っていたのに、
清原さんはエイヤッとフルスイング。結果は当然三振です。
これでは、どうしようもないですよ。
オレは、清原さんともあろう打者なら、
あれぐらいのボール球は平然と見逃すと思っていたのに。
中嶋さんもこれは予想外だったらしく、
試合後に開口一番「おかしいなぁ」と首をひねっていました。
清原さんは、オレがあの球を投げたことに「ガッカリした」なんて言っていたらしいけど、
ガッカリしているのは、オレの方ですよ。
せっかく、あの場を盛り上げようと思って必死で投げたのに、
全く見当違いの方向に話が進んでしまったんだもの。

それからもう一つ驚いたのは、清原さんが三振したら、
お客さん達がゾロゾロ帰り始めたことです。
これは、ショックだったなぁ。
あのね、次のバッターが誰だったか、皆さん覚えてますか?
今売り出し中の、(使い古された言葉だけど)俊足巧打の次代を担う選手、
ひいては村松さんの後継者一番手と言っても過言ではない小瀬君ですよ。
9回、5点差で2アウトとはいえ、彼の打席を見ないでどうするの。
売り出し中の彼がヒットで上位打線に繋ぐ、そういう期待があるでしょうが。
それなのに、ゾロゾロ帰っていくお客さんが目に入ったオレは、
つい我を忘れて、小瀬君にレフトフライを打たせちゃいましたよ。
本当は、三遊間へヒットを打たせるつもりだったのに。

中嶋さんは、ある時、清原さんについてこう言っていました。
「俺は佐藤義則さんとバッテリーを組んでいたが、
 清原さんには、よく外角のカーブを綺麗にライト方向に運ばれたものだった。
 それが今じゃ、どうなっちゃったんだかな……。」と

まぁ、清原さんの話は、これぐらいにしておきましょう。
杉内君がストレート一本勝負をしてくれたおかげで、清原さんも満足したようですし。
これ以上、引退する選手のことをゴチャゴチャ言うのは、死者に鞭打つ行為です。
これだけは、絶対にやってはイカンのです。

ファンの皆様のおかげで、オレ達ファイターズはCSに進出することが出来ました。
決戦の舞台は大阪は京セラドームです。
つまり、オレは大阪でまた舞台を演じることが出来るのです。

中嶋さんによると、台本は既に書き上がっているそうです。
台本が何本あるかは聞かされていないのですが、
そのうち1本は「北川への14球」だとか。
本番では、お客さんをガッカリさせることがないよう、
中嶋さんと打ち合わせを重ねていきたいと思います。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

邱俊雄

Author:邱俊雄
2ch@プロ野球版のスレ「許銘傑のオレが豊田さん!第2部」に連載中の36氏のコラムを中心に集めています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。