2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5部 961-964 許銘傑のオレが豊田さん!2-68 by36

セイプ ライオンツ ノ シュー ミンチェ テス ハァー
(以下邱さんの訳)

 クライマックスシリーズについて書く前に、
まずはWBC日本代表の監督問題に触れておきたい。
WBC体制検討会議というのが先日行われましたが、
オレはこの会議には期待しておったのです。
加藤良三コミッショナーが中心にいてリーダーシップを発揮して、
前WBC監督の王さん、現役監督としてNo.1の実績を持つノムさん、
GMと監督両方の経験があって明治の先輩だから星野さんにニラミも効く高田さん、
オリンピック日本代表監督の経験がある野村謙二郎さん。
そして、仲良し三人組でカレーを食って金もうけでお馴染みの星野さんです。
さすがにこのメンバーでは星野さんも自分がやるとは言い出せないだろうし、
まったく不透明に監督を決められるよりはいいだろうと思っていた。
しかし、フタを開けてみれば、監督は星野さんでほぼ決定みたいな空気になっていましたねえ。

 これについてオレにはひとつ疑問があります。
オレはこのWBC体制検討会議のあと、
インターネットでこの会議についての結果を見たのですが、
「監督は今月中に決めなければいけないという話になった」
「王さんが現役監督は難しいと言った」
「加藤さんがこの大会は厳しい大会になる、最終的には自分の判断で監督を決めると言った」
という3点しかその時点では各紙とも書いていませんでした。
オレは、この3点については別に異論はない。
監督は今月中に決めなきゃいけないだろうし、現役監督は難しいと王さんは前から言っていたし、
前回のチャンピオンチームだから厳しい大会になるのは当たり前です。
だから、この結果を見て「割と当たり前のことしか決まらなかったんだなあ」という
感想を持ったのです。
しかし、翌朝新聞を見てオレはひっくり返りましたよ。
「WBC星野監督有力」、サンスポが一面にドーンとやった。
サンスポお得意の例のヨタ記事かと思ったら、結局他紙が追随して、
いつの間にかWBCの監督は星野さんがやるのが既定路線みたいになってしまいました。

 疑問というのは、ここのポイントです。
翌朝、サンスポがドーンとやってからも、他紙が追随してからも、
この日の体制検討会議で話されたことは上記の3つしか挙がっていない。
しかし、この3つからどうやったら「星野監督有力」という結論が出てくるのか、
オレにはそれがわからんのです。
現役監督は難しい、から、監督は星野さん、までは相当な飛躍がありますよ。
現役監督は12人しかいないけど、元監督は山ほどおるもの。
実績面で星野さんより上の人を挙げると、実は勝利数ではノムさんと上田利治さん、
王さんと長嶋さんしかいないのですが(06年終了時点)、勝率で言えば落合さんや岡田さん、
廣岡さん、森さん、伊東さん、王さん、権藤さん、ボビーなどは星野さんより上に来る。
現役を抜いて、ここ10年で監督をやっていた人だけ挙げても、岡田さん、伊東さん、
王さん、権藤さんは星野さんより実績が上です。
じゃあ、星野さん有力なんて一概には言えんはずでしょうが。
何より、前日の段階では星野さん有力なんて話は出ていなかったのに、
追加情報なしで「星野監督有力」といきなりなったのがどうも怪しい。
どこか全然別のところからそういう話が出てきたんじゃないかと勘ぐらざるを得ないでしょうが。

 勘ぐればまだありますよ。ノムさんがこの会議を「出来レースなんじゃないの」と激白しました。
聞けば、話をしていたのは野村謙二郎さんが全体の8割だという。
「野村謙二郎は話すのが好きなんだな」なんて言っていましたが、
周りの大先輩たちを押しのけてまで話しまくるというのはどういうことなんでしょうか
(元から話は長いですが)。
野村謙二郎さんは広島カープ出身ですが、日本テレビの解説者です。
そうすると、そこに例のナベ田ツネ衛門さんの影がチラチラするでしょう。
WBCのコーチ手形ぐらいはもらっているかもしれない。
そういえば高田さんだって元巨人だし、考えたくないけど王さんだってそうです。
ノムさんの言うように、星野さん再登板を前提にこの会議が開かれたということも、
無い話じゃないでしょうが。
 あくまでこれはオレの勘ぐりですよ。
でも、情報からいろんなことを推測して行くとこんなことも考えてしまうのです。
guessの勘ぐりというぐらいですからねえ。

 まあ、王さんに関して言えば、王さんは優しいし信念の人だから、
「センちゃんにもう一度やらせてやろう」と思っているかもしれませんが、
その「もう一度やらせてやろう」でホークスが何試合落としたかね。
現役監督は難しい、難しいというけどもう王さんは現役監督じゃなくなったんですよ。
岡田さんもいるじゃないの。
かなり多くの野球ファンが星野さんのことを完全に見限っているこの現状を、
王さんには何とかわかってもらいたい。

 そう思っていたら、見限っていたのはファンだけじゃなかったようです。
イチローさんが「現役監督から選ぶのは難しい、では最強チームが出来るとは思えない」
「WBCはリベンジの場ではない」と至極もっともなことを言ってました。
いやあ、これが言えるのはイチローさんしかおらんよ。
他の人が何を言っても「じゃ、出なきゃいい」になるだけでしょうが、
イチローさんの言うことはさすがに無視できんもの。
前もAERAが「イチロー、星野監督ならWBC出ない」なんて報道してましたが、
イチローさんがそれを裏付けるコメントをした形です。
オレはね、このイチローさんのセリフが、王さんに向けての叱咤激励に聞こえるのです。
「王さん、星野さんがいいなんてそんなこと言わないでくださいよ、
 4年前は王さんの旗の下だからみんなが団結した。もう一回王さんの下で戦って、
 一緒にまた世界一になりましょう」
イチローさんはこう言いたいんだと思う。
さすがイチローさん、その存在感はハンパじゃなかった。
これで空気が一変した感がありますねえ。
大輔も続いて同じようなコメントを発し、
選手側からは完全に星野さんNGのメッセージが発信されたことになる。
王さんはこれを受けて「イチローの言ってるのはまともな話だ」と完全に同意を示した形です。
イチローさんの発言が、山を動かしたんですよ。これがスーパースターというものです。
そのスーパースターは、ちゃんとお客さんの考えていることをわかっているのです。

 何度も言いますが、プロ野球というのは興行です。
興行というのはお金をもうけるビジネスですが、それは夢を売って、いただくお金です。
プロ野球の第一義は、お客さんに楽しんでもらうこと。
ならば、ファンの多数が望んでいない星野監督で、ファンは夢を托せるんですか?
ネット上では、「星野仙一氏のWBC監督就任に反対します」という署名運動まで
展開されているというじゃないの(オレも署名してきました)。
また、今週末にファンの有志が東京ドームに集まってデモ行進をやろうという流れもあるらしい。
オレは、見れば見るほどWBC監督問題が、04年の球界再編騒動に見えてしょうがないんですよ。
あの球界再編騒動、近鉄ファンとブルーウェーブファンの心に深い傷を負わせ、
カブレラも書いていたけど選手の心にまで傷を負わせて、結果誰が何を得たんですか?
もう、オレはあんな悲しい経験はしたくありません。
理屈の上でも、経験則的に見ても、ファンの意志はいつだって尊重されるべきなのです。
星野さんも、いい加減に空気を読んでください。
球界で空気を読まないのはロッテだけで十分です。
「周りから推された」形をムリに作ってもう一度監督をやっても、
選手もついてこないしファンもついてこない。
もちろんWBCで勝てるわけがないし、巨人の監督もオジャン、コミッショナーもオジャン、
選挙もオジャンです。
前も言ったけど、その賭けに負けた星野さんは潔く去るしかないのです。
星野さんを推してる人たちは、もうこれ以上星野さんを推しても
星野さんを傷つけることにしかならん、ということを理解しなきゃいけません。

 さて、星野さんについて書いているうちに、クライマックスシリーズについて書くスペースが
ほとんどなくなってしまいました。
ライオンズは苦しみながらもようやく王手をかけました。
もうここまで来れば勝ち方がどうなんて言ってる場合じゃない。
ダルビッシュに完全に崩された打線も、ようやく目覚めました。
できればまたダルビッシュが出てこないうちに何とかしたいよねえ。
次は涌井とグリンですが、第1戦の再現と行きたいものです。
第2戦の誤審問題についても触れたかったのですが、紙面が尽きました。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

邱俊雄

Author:邱俊雄
2ch@プロ野球版のスレ「許銘傑のオレが豊田さん!第2部」に連載中の36氏のコラムを中心に集めています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。