FC2ブログ

2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

901 ニコースキーの俺がAP通信

フクオカ ソフトバンク ホークスの CJニコースキーテス ハァー
(以下門奈通訳の訳)
シーズンを終え、オータムキャンプへの準備も進む中、
再びキーボードに向かう時間が出来た。私はどうやら契約更新となり
またホークスで投げられるようになりそうだ。今まで応援してくれた人々に改めて感謝し、
シーズンに上がってきた私の課題をキャンプで克服していくつもりだ。

コーチングスタッフへの不満、言ってしまえばそれは日常茶飯事である。
特に言語が違えばなおさらのこと。スギモトと私の小競り合いは今更言うまでもないだろう。
マウンドに上がるたびに私はひとりごちたものだ、
「また今日もスギモトのお小言を相手してやる仕事が始まるお・・・」と。

しかしコーチですべてが決まるわけではない。考えてみればプレーヤーとしての形、
あるいは体作りの半分以上はファームで作るものだ。
その後の上でのプレーはまさに勝負の舞台、
コーチのせいで決まるというよりはむしろ自分自身のことと思うしかない。
契約更改の場で「あのコーチのせいで成績を落とした」などと言い出すプレーヤーはいまい。

プロ選手は個人事業主である。自由契約、ウェーバー公示という経験を経た人間には
それは実感を伴った感覚であることだろう。チーム競技であるからといって
自己犠牲のみに没頭することは愚かだ。優れたプレーの集合体が、優れたチームである。
先に書いたように、コーチの良し悪しはプレーヤーの責任を転嫁する材料にはならないから、
若いプレーヤーは、自分というものをしっかり持って、
周囲に惑わされずに鍛錬とプレーに没頭してほしい。

何を言いたかったかというと、ミスターHSUの言わんとしたことは
つまりはこういうことだろう、ということである。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

邱俊雄

Author:邱俊雄
2ch@プロ野球版のスレ「許銘傑のオレが豊田さん!第2部」に連載中の36氏のコラムを中心に集めています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。