FC2ブログ

2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4部 58-61 李炳圭の俺が豊田さん!15 by408

チュウニチドラゴンズノ イビョンギュデス テーハンミングッ マンセー
(以下、通訳さんの訳)

読者の皆様にとっては、もはや過ぎた話になってしまうのですが
俺たちは日本に負けたこともあり、五輪代表の座を獲得できませんでした。
期待してくれた方々には本当に申し訳ないと思います。

何回選ばれていても国際試合というのは緊張しますねぇ。
太極旗を背負うことの重み。これは、もう言葉では言い表わせない。
重圧に負けたとは言いたくないのですが、初戦の台湾戦では4打席2三振、
守備でも今一つリズムに乗り切れませんでした。
何度も言うけど、アジアシリーズはこの五輪予選のための調整の場だったんです。
最終戦で金広鉉君からホームランを打てたので、これで乗って行けると思ったんですが、
いざ本番となるとこのザマだもんねぇ、我ながら情けない。

さて、日本戦では「君子とは如何にあるべきか」を考えさせられる事件が起きました。
そう、金卿文監督のスタメン直前変更です。
色々伝わってくる話を総合すると、どうも事務方が金卿文監督に入れ智恵をしたらしい。
「ルール上は禁止されていないから」と。

金卿文監督にしてみれば、勝つために最良の手段を考えるのが仕事ですから
それが、勝つために最良の手段であるとすればやってしまう訳です。
朝鮮王朝時代の時代劇を見たことがある人は分かると思うのですが、
(「大長吟」(邦題:チャングムの誓い)は良かったですねぇ。)
王様が政治を進めるには、王様に向かって臣下たちが色々提言し、
それらを取り入れて王様が決断を下すんです。
だから、王様の評価を貶めるような提言をした臣下はどうなるのかと言えば
即刻免職、宮中から追放、一歩間違えば死刑ですよ。
今回、金卿文監督に提言した事務方もそこを考えて欲しかったなぁ。
おかげで本当は君子である金卿文監督が、
紳士協定を破るような道理の分からない中人扱いされる結果になってしまったんだから。

さて、話は変わるのですが、西武ライオンズの和田一浩さんが、
FA権を行使してウチに来ることが決まりました。
これはね、必然の出来事だったと思いますよ。
条件だけを考えれば西武は2年で6億円、中日は3年で8.4億円+出来高。
1年間の給料を考えれば、西武の方が条件がいいですよね。
それでも和田さんが西武に残らなかったのは何故だと思いますか?
色々あるだろうけど、俺は和田さんが「自分が西武ライオンズに残る理由はなくなった」と
感じたことが大きいと思うんですよ。
その理由は何かは、改めて言うまでもありません。
前の監督だった伊東勤さんの解任です。

入団した当時の監督だった東尾さん、野手転向の道を拓いてもらった伊原さん、
和田さんにも様々な君主がいましたが、和田さんはちゃんと仕えてきた。
そして、選手時代からの師匠であった伊東さんが今年でバッサリ斬られた今、
和田さんは、自分が仕えるべき君主はいなくなったと感じたんです。
仕えるべき君主がいなくなった時に、臣下はいかに行動するのか、
それが東洋思想の極致です。
(俺は西洋思想には詳しくないので、もしも西洋思想も同じだというなら許して下さい。)
かつて、日本には乃木希典大将という軍人がいました。
日本人の皆様には釈迦に説法だと思うのですが、
日露戦争の旅順戦で大勝を納めたときの軍人です。
明治天皇が崩御された時にこの人は、自刃されたんです。
乃木大将のこの行動をどう理解すれば良いのか? 
要するに、これが、日本の軍人勅諭の精神であり武士道であり、
そして儒教で言うところの君主に仕える精神です。

さて、ここまでの話の流れで、毎回俺の文章を読んでくれている人は、
次に俺が何の話をするか、お分かりだと思います。
そうです。日本代表チームで4番を打っていた新井君です。
日本代表の4番打者として頑張っていたねぇ。敵ながら見事でしたよ。
だけどね、俺はどうも新井君の姿を見て納得できないものが込み上げてきた。
あれだけの気合を広島に残って発揮しようと思わなかったのかと。

先に述べた和田さんも新井君もチームの主力選手でありながら、
FAで自分のチームを出ていくことを選びました。
しかし、和田さんと新井君のFAには大きな違いがあります。
結論から書くとね、新井君は本来仕えるべき君主にまだ仕えていないんです。
この君主とは誰のことなのか、改めて言うまでもありません。野村謙二郎さんです。
2009年の監督就任が規定路線とされている今、
新井君が最も仕えなければならないのは、誰がどう考えてもこの人でしょう。
こういう言い方は新井君には悪いけどね、
新井君は君主に仕えるということの何たるかをまったく分かっていないんです。

野村謙二郎さんはFA権を取得した時、メジャーリーグを目指すかどうかで悩みました。
いくら悩んでも結論が出ないので、駒沢大学の監督に相談にしたところ、
「お前が抜けたらチームはどうなるのか」と言われて、カープに残ることを決意したんです。

翻って新井君はどうなのか。
野村謙二郎さんという最も見習わなければならない人がいるにもかかわらず、
同じカープで可愛がってもらった金本知憲さんの、
よりによって一番見習わなくても良いところを見習ってしまったんです。
(もちろん金本さんに師事したことが全面的に悪いとは言いません。
 この人の野球に取り組む姿勢は見習うべきところだと思いますよ。念のため。)

金本さんが出て行った経緯を覚えている人は多いと思うのですが、
あのミスター赤ヘルと呼ばれた山本浩二監督(当時)に
「土下座をしてでも残ってもらう」とまで言わしめた上に
「(球団に)残って会社を見返してやれ」と言われたにもかかわらず
カープを退団し、阪神へ移籍しました。

この件については、カープフロントの不手際というのが最大の原因だけど、
それを差し引いてもなお、山本浩二という君主の顔を潰した以上、
金本さんの決断は許されないことかもしれない。
だけど俺はね、金本さんの決断をゴチャゴチャ言うつもりはありませんよ。
問題なのはね、その後新井君が「金本さんからの独り立ち」を宣言していたことです。
だから、当然今回のFA騒動(悪いけどこう書かせてもらいます)は、
自分自身で道を決める、もっと言えば金本さんとは違う道を選ぶと思っていた。
それがふたを開けてみれば、金本さんとまったく同じ道を選び、
「金本さんがいることが移籍の大きな決め手となった」と平然と言ってのける。
金本さんが移籍することで広島球団の体質改善を図ろうとしたなら、
新井君は残留して球団の体質改善を図ろうとする。
これが独り立ちを宣言した大人のやることだと思いますよ。

ここまでされた以上、カープファンの皆さんがやるべきことはただ一つ、
新井君に充分な謝罪と賠償を求めることです。
それぐらいやったって罰は当たらないでしょう。

せめて新井君は、カープ退団を決意した理由を話すべきだった。
「(3位で充分と言う)フロントに嫌気がさした」でも良かったし、
「(3位で充分と言う)フロントに(首位を目指す自分は)追い出された」でも良かった。
一言で良いからファンに説明すれば、ここまで非難されることはなかったと思います。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

邱俊雄

Author:邱俊雄
2ch@プロ野球版のスレ「許銘傑のオレが豊田さん!第2部」に連載中の36氏のコラムを中心に集めています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。