FC2ブログ

2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4部 107-112 許銘傑のオレが豊田さん!2-29 by36

セイプ ライオンツ ノ シュー ミンチェ テス ハァー
(以下邱さんの訳)

 今年ももうわずか、クリスマスも過ぎて一気に年末気分ですねえ。
07年も嬉しいニュース、悲しいニュースといろいろありましたが、
ひとまず無事に終わりそうで何よりです。
球界では、ここにきて薬物問題などプロ野球の根幹に関わるような話もありますが、
どんな人にも来年は平等にやってきます。
今年がよかった人も、悪かった人も、2008年という年を素晴らしい年にするために、
07年を笑って終わりたいものです。
オレも、今年のシーズンには全然納得していないけど、台湾代表でも投げられたし、
佳伶も維娟も元気で過ごせた。
来年こそ頑張って、渡辺新監督を絶対に胴上げしよう、と決意したその矢先、
水をぶっかけられるようなニュースが入ってきました。
 石井一久さんをFAで補強したその人的保証として、ヤクルトは福地さんを獲得しました。
つまり、ライオンズのプロテクトリスト28人から福地さんは外れていたということです。
もちろん、ライオンズの首脳陣にもそれなりの考えがあったんだろうと思いますが
(なかったら怒りますよ)、福地さんをプロテクトから外すというのは、どう考えてもわからん。
オレもいろいろシミュレーションをしたけど、
福地さんがプロテクトリストから外れるというのは起こり得ません。
移籍してからの2年間で200試合以上に出場して、
打率も2割8分、50盗塁している選手の何が不満なの?
対右投手のトップバッターとしては文句の無い働きをしていたし、
肩はそんなに強くないけど塁まで走っていけば投げるのとそんなに変わらん。
しかも広島時代は代走専門みたいな感じだったのが、
ライオンズに来て一気に開花した選手でしょう。
外様ながら、古き良きライオンズを思い出させる、
ある意味一番ライオンズらしい選手じゃないですか。
ファンの皆さんもきっとそう思っていたでしょう。
もちろんイの一番にプロテクトする選手じゃないけど、28人の中には普通入るでしょうが。

 ちまたでは西武も投手不足だし、ヤクルトも投手を狙ってくるから
投手を多めにプロテクトしたんだ、なんて言ってますが、
ナンボ投手がいないチームでも、福地さんがプロテクトから外れてたらそりゃ獲るよ。
しかもただでさえ薄いのに和田さんが抜けてるんだから、
ライオンズの外野が足りなくなるのは目に見えてる。
レギュラーが3人も抜けたらライオンズはボカチカにされてしまいますよ。
 
 ライオンズは昔から力の落ちた選手の見切りがうまいと言われています。
ライオンズから出た選手はあまり活躍しないと言われ、
レオレオ詐欺なんていう言葉もありました。
最近では小関がいきなり解雇されたし、佐々木誠さんもトレードになった。
辻さんも平野さんもそうだし、新監督のナベ久さんだってそうです。
でも、こういう切られ方をする選手は基本的に高年俸で、
コストパフォーマンスが悪くなってきた選手なんです。
少なくとも、年俸2000万そこそこの福地さんがコストパフォーマンスが悪いとは思えない。
長く見てもらっているオレが言うのはおかしいけど、ちょっと冷たいなあと思うよ、マジに。
 福地さんだけに限らず、和田さんやカブレラについてもそうなんですが、
いまのライオンズには危機感が感じられない。
優勝したチームが戦力ダウンして、連覇は難しい、ってのはよく聞く話ですが、
ライオンズは5位ですよ。5位のチームのレギュラーが3人も、
しかもクリンナップ2人と1番打者が抜けてどう戦うというの?
戦力を落とさず、アップしなきゃいけないのに、福地さんを出す余裕があるとは思えないのです。
新戦力としてブラジルのポカスカジャンとかいう選手が来ると聞きました。
最近の西武のニュースは、よく知らなんのですが。
でも、ガリガリ君はチームにいらないんですよ。
いまライオンズに必要なのは、タフな野球をする、打線を作れる選手です。
そういう意味では、福地さんの存在は08年のライオンズに絶対に必要なはずだった。
中日から人的補償選手が来るんでしょうが、
福地さんの代わりをつとめられる選手が果たして獲れるか、どうか。

 我々選手ができる事は、やっぱり福地さんを外したのは失敗だったと思われないような結果を来年残すのみです。
そして、福地さんはヤクルトで、ファンの皆さんが出てよかったと思うような
さらなる飛躍をしてほしい。
青木・田中あたりの俊足で野球アタマのある選手も多いから、
それを生かした打線を組めればきっとヤクルトも復活することでしょう。

 さて、小さいことですがひとつ言いたいことがあります。例によってスポニチです。
「助っ人優遇なし!西武2・1全員集合」というタイトルの記事で、
去年まではカブレラの合流は遅かったけど今年は優遇しない、
全員2月1日からキャンプに参加してもらう、という内容ですが、これ自体は別にいい。
オレは言われずとも2月1日にはバッチリ態勢を整えてキャンプに参加するつもりです。
でも問題はその後の地の文なんです。
「今オフはグラマン以外の助っ人5人が退団し、キニー、ブラゼル、
 ボカチカの3人が新加入ということもあり」と書いてあるんですが、
またオレは勘定に入っていないじゃないの。
前回のオレの退団報道は誤報だったんですが、訂正記事が出たという話は聞かない。
オレが台湾に帰っているから仕方ないかなと思ってたんですが、
1ヶ月経ってまだこれはひどいよ。
惜別球人にオレが出たという話は聞かんから、スポニチ全体では
オレは残留ということになっているはずなんですが、担当の人が間違えたんですかねえ。
でも、一回だけのことならオレもそんなに目くじらを立てるつもりはないんですが、
前回のオレの記事も間違ってて、今回もまた間違ってるって言うんじゃ、
さすがにオレも言わざるを得ません。
スポニチさん、しっかりしてくださいよ。
西武関係の情報を多く載せてくれる貴重なスポーツ新聞なんだから、
適当な仕事をされると困るよ。
情報は早いのも大事だけど、まず正確に、です。
そうでなきゃメディアはファンの皆さんにソッポを向かれてしまいますよ。

 本来は薬物問題について書こうと思っていたんだけど、
紙面がだいぶなくなってしまいました。
薬物問題ね、簡単にまとめると、結局「スポーツの公平さを保証するため、ルールには従おう」
なんですよ。
プロスポーツには、持てる肉体を鍛え上げて、
その肉体で最高のパフォーマンスを見せる、という大前提があるんです。
薬物問題を語るにあたって、サプリメントとの違いがよく話題になります。
サプリメントも肉体のパフォーマンスを向上させるためのものであって、
結局禁止薬物とは「禁止されているかいないか」の違いしかない、という人もいる。
その違いは何なのか?
 オレはね、これは単純に「禁止されているから悪い」ということだと思うんですよ。
そういう観点でしか語れないんです。
野球にはルールがあって、そのルール内で戦わなければならないから、
禁止されている薬物はダメなのです。
なぜフォアボールで一塁が与えられるのか?というのと同じ問題なんですよ。
そのルールを守った上であれば、サプリメントであろうが薬物であろうが
「合法」であり、「スポーツの場において公平」なんです。
もちろん、禁止薬物の中には健康を害するものもある。
だから禁止されているものが多いのです。
でも、もしそうなら、酒は?タバコは?となるでしょう。
どっちもアスリートの健康を害するものだけど、別に禁止されてはいない。
反対に、どれだけ副作用がなかろうが、禁止されているものはダメなのです。
それがルールだからです。悪法もまた法なり、ということです。

 国によって禁止薬物が違うのであれば、自分が使用している薬物が
禁止されている国では野球をやらない。それしか方法はないんです。
ダマで禁止されている薬物をやるのなら、そこには発覚するリスクがもちろん伴います。
ファンの皆さんが、薬物を使用していた(ことが発覚した)選手を
「そういう」目で見るのは仕方がないんです。
これはアメリカでも日本でもそうです。選手は禁止薬物に手を出すのなら
(それがいいと言っているわけではありません)、
ファンからある種軽蔑の目で見られたり、自分が打ちたてた記録が軽んじられたりするのは覚悟しないといけません。
(本人に罪があるかどうかは別として)ルール違反で入団した江川卓さんが
その後ひどいバッシングに遭ったのと同じことです。
 でも最後に個人的な意見を言えば、罪になるかどうかは別として、
子供たちの夢を壊したり、自らが打ち立てた記録の価値が減ぜられたりするような
後ろめたい事はできればやめて欲しいと思います。
プロ野球の一番の売り物は「夢」なんだから、子供に後ろ指をさされるような選手に、
野球選手の資格はありません。
来年こそ、ファンの皆さんが一年中笑って見られるプロ野球になりますように。
皆様、よいお年をお迎えください。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

邱俊雄

Author:邱俊雄
2ch@プロ野球版のスレ「許銘傑のオレが豊田さん!第2部」に連載中の36氏のコラムを中心に集めています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。