2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4部 171-174 許銘傑のオレが豊田さん!2-31 by36

セイプ ライオンツ ノ シュー ミンチェ テス ハァー
(以下邱さんの訳)

 08年も本格的にスタートしました。球界にもいろいろと動きがあるようですねえ。
日本のプロ野球ではふつう、年が明けたら自主トレを開始しますが、
台湾の野球選手は実は自主トレというものをあまりしません。
むかし、ライオンズに在籍中の張が、二年目にまったく自主トレをせずに臨んで
オレがここで怒ったことがありますが、
台湾では自主トレは文字通りの「自主トレ」であり、
ランニングやキャッチボールを個人でやるレベルなのです。
最近は日本でやっとる台湾選手も多いし、そのうちのいくらかは
日本の高校からドラフトにかかった選手ですから、
いまは選手の意識も変わって来とるようですねえ。
 今年は、台湾の代表候補選手が合宿をやります。
といっても、棒球や日本プロ野球に所属している選手は
自分のチームのキャンプがありますから、参加するのはおもにアマチュアの選手なのですが、
そのキャプテンが張誌家になったんだそうです。
たしかに、あの年齢で(張は松坂世代です)どのチームにも参加せず浪人し
(08年も、しばらくは張はチームに所属するつもりはないようです)、
しかも国の代表候補になる選手はそうそういないでしょうから、
合宿参加選手の中でも最年長ということでキャプテン襲名と相成ったようです。
オレは張がキャプテンに向いているとは思えないのですが、
逆にこのキャプテン就任を機に張の中で何かが変わってくれればと思います。
バッテリーを組んだこともある台湾代表の洪一中新監督も張には期待しているようです。
まだ老け込む年じゃないどころか、野球選手として一番脂が乗っている時期なんだから、
キッカケをつかんでぜひ復活してほしいよねえ。

 自覚を持て、まだ老け込む年じゃないという意味でいえば、
ヤクルトの藤井が日本ハムにトレードになりました。
実績は十分、ケガはあったとはいえ、昨年の投球イニング数はチーム4位、
勝利数はチーム3位とローテーションで回っている投手を、
ただでさえ先発が足りていないヤクルトが放出するというのはビックリしましたが、
やっぱり藤井の自覚の足りなさに業を煮やした、ということなんでしょうねえ。
藤井も、ブログもサッカーも不倫も大事でしょうが、ここらで一発気合をいれんとねえ。
持ってるものは素晴らしいんだし、とりあえずはケガからも復活したんだから、
あとは本人の自覚次第ですよ。
ハムの先発陣も若い選手が多いから、オレが引っ張っていくぐらいの気概を持って投げてほしい。
藤井が本領を発揮するようなことがあれば、ハムがさらに手ごわくなるよねえ。
かつては埼玉の期待の星だった坂元弥太郎も
(西武はドラフトで指名しようとしていたんです)楽しみです。
逆にヤクルトに行った川島、押本、橋本もみんな若い。
出されたことを悲観せずに、まずは新天地でチャンスをしっかりつかむこと。
トレードというのはみんなそういうものですが、今回のトレードは特にそう思います。

 新天地というと、ルーキーたちも新しい世界に飛び込んだわけです。
中田翔クンはファンとの交流会で堂々の「彼女います」宣言をしたようですが
(お母さんに怒られたんだそうです)、いやあ、初々しいねえ。
高校で本塁打記録を作った選手ってのはほとんどバクチのようなもので、
別に大島とか平尾サンとは言わんけどなかなか額面どおりに活躍することはないんです。
高校での本塁打記録ベスト30のなかで、プロで通算200本塁打以上を記録した選手は
城島、清原、江藤、松井の4名しかいません。
しかしこの顔ぶれを見ればお分かりのように、
当たればチームの看板選手になれるのがこのタイプの特徴です。
中田クンも、壁にブチ当たることもあると思いますが、田中幸雄さんの6番を受け継いだんだもの。
ハムの顔にならにゃイカン。プロでは三塁に挑戦するようですが、
元投手の三塁手、背番号6、小太りの長距離砲といえばアノ人ですよ。
ぜひメガネをかけて、ストッキングを出して、
ライオンズの後藤と初芝二世を目指して争ってほしい。
ニコっと笑えば愛嬌のある顔立ちだもの、ファンの皆さんも多少のゲッツーと
エラーには目をつぶってくださいよ。
まずは80打点ぐらいで打点王を取ることを目指して頑張ってほしい。
 ヤクルトでは(佐藤)由規クンが伊藤智仁コーチに弟子入りしたんだとか。
あのスライダーは強烈だったものねえ。
伊藤智仁さんのことは「パワプロで知っています」と語ったそうですが、
話を聞けば伊藤智仁さんがデビューした年は4歳だったというじゃないの。
時代は変わるんだなあ、と思いましたよ。
伊藤智仁さんをリアルタイムで見とらん世代だと言うんだもの。
しかし、時は移り変わります。あのスライダーを武器にして颯爽と一軍マウンドに上がれば、
必ず「伊藤智仁が帰ってきた!」となりますよ。
あのスライダーは伊藤智仁さんのルーズショルダーによる
肩の可動域の広さがもたらしたんだそうですが、
つまりこれは故障と隣り合わせということです。
佐藤由規クンがルーズショルダーかどうかは知りませんが、
故障には気をつけて、ファンに鮮烈な記憶を残す大投手になってもらいたい。
中田クンも、佐藤クンも、その他のルーキーの諸君も、前途は洋々です。
プロ野球界にはいろんな荒波がありますが、君たちなら乗り越えられる。
未来のプロ野球を背負うのは君たちです。

 話は変わりますが、今年から大差がついた場面での盗塁と、
走者を置いてのセーフティバント失敗の場合は犠打を記録しない、と
日本野球規則委員会が決定したんだそうです。
盗塁の場合は野手が守備行為をしなければ野手選択になり、
セーフティバント失敗は打数を記録する、ということです。
その基準は「だいたい7点差」で、最終的には公式記録員が判定する。
「国際的な慣例に合わせた」んだそうですが、何だかいろいろ文句をつけたくなるよねえ。
 盗塁のケースですが、これ、MLBでも野手が無関心ゆえに守備行為をしなかった際の盗塁を
野手選択とすることになっているハズです。
向こうでは大差がついたときの盗塁はそもそもマナー違反なので、
野手も守備行為をしない場合が多い。
ただ、日本ではどうでしょうか。
仮に7点差ついていても、走者が走れば捕手は送球するような気がします。
捕手が送球すれば盗塁は記録されるけど、
捕手が投げなければ野選になるということなんでしょうか?
それもなんだか不公平な気がします。
さらに、最近は大差の試合がひっくり返されることも多い。
1イニングに7~8点取られるような試合は毎年あります。
7-0の段階で盗塁して、その盗塁をキッカケに一気に逆転したら、盗塁は記録されるんですか?
タイトル争いのときにどうするかも含めて、
非常に曖昧なルールになるような気がするんですよねえ。
 もうひとつ懸念されるのは、このルールはいつまで適用されるんだろう?ということです。
このルールが必ず適用され続ける、というのであれば
選手もそのうち慣れるであろうと思えるのですが、
2002年の高めのゾーン拡大、昨年の外のゾーン拡大と同じように、
そのうち無くなってしまうような気がするんですよねえ。
熟慮した上でのルール変更ならばオレたち選手は従いますから、
やるならその適用を厳格にやっていただきたい。
プロに入った人やこれから入る人、ファンの皆さんも含めて、
若い人たちが納得できる「明るい厳格さ」「明るい公平さ」。
FAや裏金などの問題も含めて、今後のプロ野球に必要なのはこれなのです。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

邱俊雄

Author:邱俊雄
2ch@プロ野球版のスレ「許銘傑のオレが豊田さん!第2部」に連載中の36氏のコラムを中心に集めています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。