2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4部 297-299 ニコースキーの俺がAP通信!モバイル

ソフトバンクホークス ノ ニコースキー テス ユーチューブ ミテネッ
(以下携帯をパチパチ打って口述筆記しているのは門奈通訳です)
2日前の日刊スポーツに私の記事が載った。
うちの子供のためにキャンプを撮影して野球教本に、という試みであるが、
(学校教材としても使用予定)
なぜこのようなことをすることになったかは
前回のリポートを見てもらえば分かるかもしれない。
冗談はさておき、日本野球に興味をもつ人間が
私のビデオで増えてくれると有り難いと思う。
リンゼイグーリンも言っているが、日本でプレーできれば
マイナーの7倍近い年収が手にできる、環境もいい。
ジャパニーズドリームは現実に存在するのだ。豪邸をたてた奴なんて何人もいる。
惜しむらくは若いうちに日本に渡る人間がまだ少ない点。
ダイエー・巨人で投げたマシュー・ランデルという例外もいたがね。
彼は活躍できたら人気者になれたろう、残念だった。

日本で活躍できた選手は
アレックスオチョアほどじゃないが順応性に優れ
人格的にも一定の水準以上によくこなれた連中だ。
日本の競技レベルを舐めたやつはまず通用していない。
日本から海外、海外から日本、どっちにも言えることだが
素行言動面で問題のある「輸出品」を出したら
そりゃ迷惑というものだ。日本だとカツヒロマエダ(前田勝宏、西→ヤンキース)、
米国なら預言者ムハンマドならぬ預言者グリーンウェル。

外人枠というのは
はからずもこういうケースを減らすのに
機能してきたのでは、と思うことはしばしばだ。
どうしても日本でプレーしたければ
今は育成選手という選択もあるだろう。
もちろんスカウトの目に留まり、予算額に合う選手というものが
なかなかいない、あるいは
イチから育てたらすぐ米国に引き抜かれてしまったり。
壁は多いが、外国人が各12球団で
ジャパニーズドリームをつかむシーズンなんて
一度あってもおもしろいんじゃないかな。
まあ、上記の通り成長したらすぐMLB等にホイホイ行っちゃうから
日本側の外国人不信は相当だ、察するに余りある。
私個人としては、日本で紙吹雪舞う中引退試合をする
「青い眼のサムライ」がたくさん出てくれることを希望しているが
残念なことに、青い眼のサムライはエメラルド並に貴重になっているのが
昨今の現実である。(了)
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

邱俊雄

Author:邱俊雄
2ch@プロ野球版のスレ「許銘傑のオレが豊田さん!第2部」に連載中の36氏のコラムを中心に集めています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。