2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4部 393 ニコースキーの俺がAP通信!

フクオカ ソフトバンク ホークスの CJニコースキーテス ニコチャンデ オネガイシマース
(以下門奈通訳の訳)

こんなエキサイティングな舞台で投げられることなんてそうそうあるもんじゃない。
開幕カードの2試合目は異様な興奮に包まれた中でのマウンドだった。
中継ぎ陣のサポート、それがいいケミストリー(調和)を生む。
勝ち星を分捕ろうとは思わないが、勝ちを拾っていくのも大事な仕事だ。きょうは満足している。
ただ、ふと家に帰ってワンセグでTVを見たとき、ミスターノムラが憔悴しきって
談話を受けていたのを見た。まだ開幕2試合目でこれだ。

しかし、これがプロなんだ。弱ったところには容赦なく爆弾の雨。
チームが分解しかかってるように見えるならば間髪いれず追い打ち。
考えてみれば昨年は我々が逆の立場にあった。
そうでなくとも、相手に哀れみなどは感じてはいけないし
哀れみをかけられることは、へたするとプロであることを疑われることだ。
これはおそらく日米とも共通だろう。
ただ、見る側にとってはこれを人生の縮図にして利用することは大いによいことだし
大いに皆さんなりの解釈をつけて活用して欲しい。

日本のビジネス雑誌「プレジデント」など見ているとまさにこれだよね。
そのとき結果を出した野球指導者が、ビジネスマンのモデルにされるんだ。
毎年毎年たまったもんじゃないと思うよ。翌年大きく順位を落としてから
バックナンバーに目を通したりでもしたら、顔が真っ赤になるんじゃなかろうか。

それはそうと私は今日は気分がいい。
察しのいい人なら気づくかもしれないので、理由については書きません。
世の中にはエキサイト翻訳なんていう便利なものがあるんだから、
妻に翻訳されたら大変だろ。(了)
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

邱俊雄

Author:邱俊雄
2ch@プロ野球版のスレ「許銘傑のオレが豊田さん!第2部」に連載中の36氏のコラムを中心に集めています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。